葉酸には、貧血防止効果やダイエット効果や美肌効果も期待

葉酸は、お腹の赤ちゃんを元気に育てるために役立つ栄養分です。

そのため妊娠中の女性の多くが、赤ちゃんのために積極的に葉酸を摂取しています。

しかし葉酸は、実は妊婦にとっても嬉しい栄養分です。ここではその具体的な効果についてご紹介します。

貧血を予防する効果

妊娠中は、貧血を起こしがちです。これは、お腹の赤ちゃんの成長に必要となる栄養分が、母体の血液によって届けられるからです。

妊娠前と比べると血液が多く使われるため、その分妊娠中には貧血のリスクが高くなるのです。

しかし葉酸を摂取していれば、この貧血が防がれやすくなります。

なぜなら葉酸は、体内で赤血球を作り出す助けをするからです。

赤血球は、血液の中で最も重要な細胞です。赤血球は、生命にとって必要不可欠な酸素を運ぶ働きをしているのです。

貧血になって体がふらつきやすくなるのは、赤血球の不足により酸欠状態になるからです。

ふらつきは、母体にはもちろん、赤ちゃんにとっても危険です。

しかし葉酸を摂取していれば、その危険から2人分の身を守ることが可能になります。

体重の増加を防ぐ効果

酸素は、細胞のエネルギーとなります。

赤血球によって酸素がしっかりと運ばれれば、細胞はそれだけエネルギーを得て、活発に活動するということです。

細胞が活動すれば、体ではカロリーが消費されます。そのため赤血球を増やす働きをする葉酸には、ダイエット効果も期待できると言えます。

妊娠中は、体重を増やしすぎないように十分にコントロールしなければなりません。

そしてそのコントロールが、葉酸の摂取によって比較的スムーズになるのです。

美しい肌を保つ効果

さらに葉酸は、肌のターンオーバーをサポートする働きもします。

ターンオーバーとは、新しい肌細胞を作りながら、古い肌細胞を垢として排出することです。

古い肌細胞がいつまでも残っていると、肌はくすんだりカサついたりします。

しかしターンオーバーがコンスタントに行われていれば、新しい健康的な肌細胞が次々に誕生するため、肌は美しい状態を保つことができます。

妊娠中はターンオーバーが乱れがちになり、それにより肌トラブルが起こりやすくなります。

しかし葉酸によるサポートがあれば、妊娠中でも美肌を維持しやすくなるのです。